ダイエット中のおやつの賢い選び方

ダイエット中のおやつの賢い選び方

ダイエット中は間食を控えている方が多いと思います。間食を摂ると1日の摂取カロリーが増えてしまい、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回れば脂肪として蓄積されます。

 

間食は控えた方がいいとは思っていても、お腹が空いて我慢できないこともありますよね。無理に我慢しているとストレスになりドカ食いする可能性があります。空腹がつらいときは間食を摂るのがおすすめです。
間食をすると太ると思っている方でも安心して食べられるものがあります。選ぶポイントは3つです。

 

太りづらい賢いおやつの選び方を紹介いたします。

 

栄養を含むもの

 

ケーキ、クッキー、アイスクリームなどのお菓子は、砂糖と脂肪分ばかりでビタミン、ミネラルなどはほとんど含まない栄養のない食べ物です。糖や脂質の代謝にはビタミンB群などさまざまな栄養が必要です。お菓子にはこれらがほとんどないので、体の栄養素を奪ってしまいます。その結果、代謝が低下してやせにくくなります。

 

栄養を含んだおやつなら糖や脂質の代謝を助けてくれます。

 

糖質が少ないもの

 

タンパク質と脂質はほとんど血糖値を上げないのですが、糖質は血糖値を上昇させます。血糖価が高くなると肥満の原因のインスリンが分泌されます。できるだけ血糖値の上昇を抑えることでインスリン分泌も抑えることができ、脂肪が蓄積しにくくなります。

 

空腹時に糖質を摂ると急激に血糖値が上がります。空腹時は糖質をいきなりとるのではなく、タンパク質が多い食品を摂りましょう。

 

100〜150kcal程度を目安に

 

食べ過ぎは肥満の原因です。おやつでカロリーをたくさん摂らないようにしましょう。100〜150kcalでも満足感を得られるおやつがいろいろあります。この程度のカロリーなら罪悪感なく食べられます。

 

おすすめのおやつ

 

おすすめはナッツ、チーズ、ヨーグルト、豆乳、ゆで卵、おやつ昆布です。これらはタンパク質が多く糖質が少なく栄養がある食品です。コンビニで手軽に購入できるので、小腹がすいたときに食べることができます。

 

ナッツは無調理のものを選びます。砂糖を使用したものは糖質とカロリーが高くなるので、ヨーグルトと豆乳は無糖のものを選んでください。

 

キュートミー 買ってはいけない